有料型ASP

ちょっと本格的にECサイト構築について考えるのなら、無料というのもいいですが、ある程度初期費用に対してもお金をかける意識は持つべきものかもしれません。

一方では、有料型ASPというものがあります。 実際にお金がかかってしまう訳ですが、無料ASPよりも機能が間違いなく充実していると考えてください。無料ASPの方ではデザインのテンプレートが数種類しか選ぶことが出来なかったのが、有料ASPになると100種類以上から選択をすることが出来ます。HTMLとCSSの知識があれば、自在にレイアウトすることが出来ますし、細かいデザインワークの設定についてあれこれと工夫することが出来ます。

ショップとしての機能面をいろいろと考えると、細かい設定が要求されるシーンもあり、顧客管理システムやメルマガ配信など、更に追加料金を支払いしなければならないということもあるかもしれませんが、ある程度ショップの規模が大きくなることを想定している人たちは、このようなものを使用したいものです。

かと言って、サーバープログラミングの知識がそれ程必要ではないということがメリットです。 管理画面からこれらの機能を一括で管理することが出来るなどメリットがいろいろあります。